保険レッドカード

保険料の払込は更新型と全期型のどちらが有利?

トップ > 生命保険 >

生命保険の保険料払込期間は更新型と全期型から選ぶ

保険会社の定期保険特約付終身保険利率変動型積立終身保険に加入すると、保険料の支払いが始まります。保険料は毎月支払う方法もあれば1年分を前払いする方法もあります。1年分を前払いすると保険料が割引になるので、少しでも保険料を安く抑えるなら前払いがおすすめです。

また、保険料の支払いについては、更新型全期型の2種類があります。更新型と全期型のどちらを選ぶかによっても、保険料総額が違ってくるので、生命保険に加入する前にしっかりと検討しておきたいですね。


更新型は段階的に保険料が上がっていく

まずは、更新型について見ていきましょう。

更新型は、契約から10年や15年などの一定期間同じ保険料を支払う形態です。保険期間が到来すると、更新してさらに10年、15年と保険を継続できます。

しかし、更新すると次の10年や15年は以前よりも高い保険料を負担しなければなりません。更新を繰り返せば繰り返すほど保険料は上がっていきます。

更新型のイメージ

全期型は保険料が上がらない

一方の全期方は、契約時から払込期間終了まで保険料が上がりません。

ただし、更新型と比較すると最初の方は高い保険料を負担する必要があります。しかし、契約期間は保険料が一定なので、更新型のように段階的に保険料が上昇していくことはありません。

全期型のイメージ

更新型と全期型のどちらが得か

更新型と全期型では、どちらの方が保険料が安くなるでしょうか?

基本的には、全期型の方が保険料総額は安くなります。

しかし、これは、更新型の保障額を保険契約中は一切変更しない場合です。更新型は、10年や15年など一定期間経過した時点で更新しますが、この時に次の期間の保障額を少なくすれば保険料が安くなります

例えば、子供が生まれた時に20歳になるまでの期間、生命保険に加入したとします。必要な保障額は20年で3,000万円としましょう。

10年ごとに更新するのなら、更新時期には次の10年の保障額を1,500万円に減らしても問題ありません。なぜなら、子供が10歳になっているので、生まれてからの10年分の保険は必要なくなるからです。これから必要になる保障は、11歳から20歳までの10年間なので、保障額を半分に減らすのが得策です。

このように更新型の場合は、更新ごとに保障額を少なくすることで保険料を安くしていくことが可能です。ずっと保障額を変えない場合は、全期型の方が有利です。しかし、生命保険は段階的に保障額を減らしていくのが基本ですから、払込期間満了までの保険料総額は更新型の方が有利になります。


社会情勢に応じて保障内容を見直す必要性が出てくることを考えても、生命保険は全期型よりも更新型の方が無難です。


生命保険メニュー

ページのトップへ戻る