保険レッドカード

iDeCoの掛金を安全に運用したい方に国内債券型の投資信託がおすすめです。

トップ > 個人年金保険 >

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金を安全に運用するなら国内債券型の投資信託を選ぶ

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金は、国内債券型の投資信託で運用できます。

債券は、簡単に言うと貸し付けを証券化したものです。国への貸し付けは国債、企業への貸し付けは社債、地方自治体への貸し付けは地方債と呼ばれます。そして、国内債券型の投資信託は、日本の国債、日本の地方債、日本企業の社債で掛金を運用したものです。


利息を受け取れる

債券は、貸付金なので利息を受け取れます。

受け取れる利息は、債券によって異なり、安全性の高い国債の利率は低く、企業が発行する社債は利率が高めになります。

利率は、その債券の安全性によって決まります。国は破綻する危険性が低いので、国債の利率は低くなります。国債のように安全な債券の利率をリスクフリーレートと言います。

一方、企業は国よりも破綻する危険性が高いので、リスクフリーレートでは、社債を買う人はいません。そのため、社債の利率は、リスクフリーレートに様々なリスクを加味した利率が上乗せされます。このようなリスクに見合って上乗せされる部分をリスクプレミアムといいます。

したがって、リスクの高い企業の社債ほど、上乗せされるリスクプレミアムが大きくなるので、より多くの利息を受け取れます。しかし、リスクが高いということは、元本が全額回収されない可能性があるということでもあります。


満期になると元本が返ってくる

債券には満期があります。満期が来ると、債券の額面金額が償還されます。つまり、投資したお金が戻ってくるということです。

償還されたお金は、必ずしも、その債券を購入した時の債券価格と同じとは限りません。市場で取引される債券価格は、必ずしも額面と同じではなく、額面よりも低い価格、あるいは高い価格で取引されていることがあります。

これは、先ほど説明したリスクプレミアムと関係があります。もしも、社債の利率がリスクフリーレートと一致していた場合、額面よりも低い債券価格で取引されます。額面と取引価格との差は、リスクプレミアムを反映したものです。

例えば、国債の利率が上がり、社債の利率が一定だったとします。社債の利率は、リスクフリーレートにリスクプレミアムが上乗せされているはずです。しかし、リスクフリーレートである国債の利率が上がったのに社債の利率は、社債が発行された時と同じです。そうすると、国債の利率が上がった後の社債の利率はリスクプレミアムを反映してないことになります。

そこで、社債にリスクプレミアムを反映させるために取引価格が修正されます。国債の利率が上がった場合であれば、社債の取引価格は下がります。取引価格が下がっても、満期を迎えると額面金額が償還されるので、社債を買った人は、額面と取引価格との差額を得します。この額面と取引価格との差額がリスクプレミアムを反映したものです。

反対に国債の利率が下がった場合には、社債の取引価格が上がります。

このようにリスクフリーレートの変動は、債券の取引価格に影響を与えます。


利率と債券価格の関係

国内債券型の投資信託はローリスク・ローリターン

国内債券型の投資信託は、満期になると額面が償還される債券を組み合わせた商品のため、国内株式型の投資信託よりも値動きは小さめです。

また、定期預金と同じように利息を受け取れ、利率は定期預金よりも高めです。しかし、社債の場合は定期預金よりもリスクが若干高くなります。

このように国内債券型の投資信託は、定期預金よりも将来受け取れる年金額が増えやすく、国内株式型の投資信託よりも収益性が劣る特徴があります。

リスクは、定期預金よりも高めですが、国内株式型の投資信託よりも低いです。

したがって、国内債券型の投資信託は、ローリスク・ローリターンの投資信託と言えます。

なお、国内債券型の投資信託は、保有中にかかる信託報酬が受け取る利息を上回ることもあります。国内債券型の投資信託を選ぶ際は、信託報酬にも注意しましょう。


個人年金保険メニュー

ページのトップへ戻る