保険レッドカード

iDeCoの掛金を国内株式型の投資信託で運用する前に知っておきたいことを解説。

トップ > 個人年金保険 >

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金を国内株式型の投資信託で運用する際の基礎知識

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金を投資信託で運用する場合、様々な銘柄から選んで投資しなければなりません。

投資信託には、国内債券や国内不動産などの種類がありますが、最もなじみやすいのが国内株式型と呼ばれる投資信託でしょう。国内株式型は、その名の通り、国内の証券取引所に上場している株式を複数組み込んだ投資信託です。


パッシブ運用とアクティブ運用

投資信託の運用手法には、パッシブ運用アクティブ運用があります。


パッシブ運用

パッシブ運用は、あらかじめ定めた指数や指標と同じ値動きを目指した運用手法です。パッシブ運用の代表は、インデックス型と呼ばれるもので、運用目標とされるのは日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)です。


日経平均株価

日経平均株価は、日本経済新聞社が決めた225銘柄の株価の平均です。1年に1回、銘柄の入れ替えが行われます。

株価は、銘柄によって異なります。株価の高い銘柄もあれば、株価の低い銘柄もあります。そのため、日経平均株価では、株価の高い銘柄の値動きが、平均株価に与える影響が強いといった特徴があります。


TOPIX(東証株価指数)

TOPIXは、東京証券取引所第一部(東証一部)に上場している全銘柄の時価総額をもとに算出した指数です。1968年1月4日の時価総額を100とし、その後の時価総額を指数化しています。

東証一部に上場している全銘柄の時価総額が上がれば指数も上がり、全銘柄の時価総額が下がれば指数も下がります。TOPIXでは、時価総額の高い銘柄の値動きが指数に大きな影響を与えるといった特徴があります。


インデックス型の投資信託の場合、投資先は機械的に決まるため、運用担当者の実力は無関係です。そのため、信託報酬が安い傾向にあります。


アクティブ運用

アクティブ運用は、指数や指標の値動きよりも高い投資成果を目指す運用手法です。例えば、日経平均株価やTOPIXを運用目標(ベンチマーク)とした場合、投資成果は日経平均株価やTOPIXを上回ることが期待されます。

アクティブ運用では、投資のプロがどの銘柄で掛金を運用するかを決定します。そのため、運用担当者の実力が投資成果を左右します。アクティブ運用は、通常、運用担当者への報酬などで手数料が高くなります


国内株式型の投資信託を選ぶ基準

iDeCoの掛金を国内株式型の投資信託で運用する場合、まず、パッシブ運用かアクティブ運用か決定します。

アクティブ運用の方が、パッシブ運用よりも高い投資成果を期待できますが、その代り手数料負担が高くなります。そのため、手数料を差し引くとアクティブ運用もパッシブ運用も大差ない投資成果となる場合もあります。

そのため、どの投資信託で掛金を運用するかを決める際は、過去の運用実績も確認しておくことが大切です。投資信託は、元本が保証されていない金融商品ですから、必ず値上がりするとは言えませんし、そもそも将来の時価を正確に見通すことはできません。

しかしながら、過去の運用実績を確認することで、運用目標を上回る成果を残してきたかどうかを把握できますから、銘柄選びの1つの指標にはできます。

なお、国内株式型の投資信託は、インデックス型であっても値動きがありますから、元本を下回る可能性があります。iDeCoは、老後資金を確保することが目的ですから、リスクの高い銘柄に多くの掛金を投資するべきではありません。掛金を複数銘柄に投資してリスクを分散することを心がけましょう。


個人年金保険メニュー

ページのトップへ戻る