保険レッドカード

iDeCoの掛金は国内の不動産投資信託(J-REIT)でも運用できます。

トップ > 個人年金保険 >

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金は国内の不動産投資信託(J-REIT)でも運用できる

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金は、不動産投資信託(REIT)で運用できます。

REIT(リート)は、Real Estate Investment Trustの略で、日本国内の不動産に投資するREITはJ-REITと呼ばれ、2001年9月に証券取引所に上場されています。


不動産投資信託の仕組み

不動産投資信託は、国内株式型の投資信託国内債券型の投資信託と同じように多数の投資家から集めた資金を運用し、その成果を投資家に分配します。


不動産投資信託の仕組み

不動産投資信託は、その名の通り、マンション、商業施設、オフィスビルなどの不動産に投資した金融商品です。不動産から得られる賃貸料収入が投資家へ分配されますが、不動産そのものが値上がりして売却した時に得られた収益も投資家に分配されます。

J-REITは不動産投資法人と呼ばれる組織ですが、運用などの実質的な業務を行うことは法律上できません。そのため、資産運用は運用会社、資産保全は資産保管会社、一般事務は事務受託会社が委託を受けて行っています。


不動産投資信託のメリット

不動産投資信託で、iDeCoの掛金を運用することには、以下のように様々なメリットがあります。


少額から投資できる

マンションでも商業施設でも、ビル1棟を購入しようと思うと多額の資金が必要です。ほとんどの人が、一生働いてもビル1棟を建設できるだけのお金を稼ぐことはできません。

でも、不動産投資信託は、不動産を細分化した証券なので、少額の資金で不動産に投資できます。


分散投資しやすい

不動産投資信託は、不動産を細分化して証券としているので、少額で複数の不動産に分散投資できます。

1棟のビルに多額の資金を投資すると、値下がりした時の損失が大きくなりますが、複数の不動産に分散投資すれば、リスクを打ち消し合う効果が期待できるので、値動きを安定させやすくなります。


売却しやすい

家1軒を売ろうと思うと、買い手を探すのに手間も時間もかかります。中古物件でも1千万円以上の資金を用意しなければなりませんから、すぐに買おうという人は現れにくいです。

でも、J-REITは、不動産を細分化しているので少額から購入でき、また、証券取引所にも上場されていることから、売却しやすいメリットがあります。


ほとんどの収益が分配される

J-REITは、利益のほとんどを投資家に分配する仕組みになっています。実際にマンションやオフィスビルを貸して、賃貸料収入を得るのと同様に不動産から発生する収益を毎期分配金として受け取れます。


不動産投資信託が持つリスク

不動産投資信託は、以下のようなリスクを持っているので元本や利回りが保証された金融商品ではありません。


不動産市場に内在するリスク

不動産投資信託は、賃貸市場、売買市場の影響を受けて証券価格や分配金が変動します。景気の悪化による収益減少も起こり得ます。


金利変動リスク

J-REITは、銀行などの金融機関から資金を借りて不動産を購入する場合があります。借入金に対しては利息を支払わなければなりませんが、その金利の変動は証券価格や分配金に影響を与えます。


災害リスク

不動産は、予期せぬ地震や火災で経済的価値が減少することもあれば、失われることもあります。


上場廃止

不動産投資信託は、証券取引所の上場基準に抵触して上場廃止になり、取引が困難になるリスクがあります。


倒産リスク

不動産投資法人は、一般の会社と同じように倒産することがあります。もしも倒産の兆候が表面化すると、証券価格が大幅に下落します。


値動きは比較的安定している

不動産は、株式のように頻繁に売買が行われません。そのため、不動産投資信託は、値動きが比較的安定しています。

また、マンションでもオフィスビルでも、当該物件を借りる人や会社は、ある程度長い期間借り続けますから、賃貸料がいきなりゼロになることは、そうそうありません。

ただ、国内債券型の投資信託と比較すると、J-REITの方が時価の変動は大きめです。それでも、国内株式型の投資信託と比較すれば、値動きは小さくなる傾向にあります。


個人年金保険メニュー

ページのトップへ戻る