保険レッドカード

付加年金に加入すればお得に年金受給額を増やせます。

トップ > 個人年金保険 >

個人事業主はたった月400円の負担で付加年金に加入すれば年金受給額を増やせる

個人事業主などの第1号被保険者は、老後資金の確保のために国民年金に加入します。しかし、国民年金は40年加入し続けても年間80万円弱の年金しか受給できないので、これだけでは老後資金として不足します。

そこで、預貯金や株式投資などの資産運用で、国民年金以外の老後資金を確保する必要が出てくるのですが、その前に加入しておきたいのが付加年金です。


最大で9万6千円も年金額が増える

付加年金に加入すると、老後には、国民年金に最大9万6千円が上乗せされます。

付加年金は、加入月数に200円を乗じた金額の年金を毎年受け取れます。加入期間は、最高で40年(480月)なので、以下の計算式から最大で9万6千円の年金受給額の増加となります。


200円×480月=96,000円


国民年金と付加年金を合計すると、年間で約87万円の受給額です。老後資金としては、まだまだ少ないですが、付加年金は毎月の保険料が、とても安いので加入しておいて損はありません。


保険料はたったの月400円

付加年金の保険料は、1ヶ月わずか400円です。

40年間、付加年金に加入し続けた場合、納付する保険料の合計額は19万2千円です。毎月400円とは言え、40年間納め続けると、結構な金額になりますね。

でも、付加年金の保険料は、年金を受給し始めてから2年で回収できます。40年間、付加年金に加入した場合の年金受給額は9万6千ですから、以下の計算式より回収期間2年で元を取れることになります。


保険料合計192,000円÷年間受給額96,000円=2年


元を取れる年数は、付加年金の加入期間に関係なく2年です。

例えば、1年間付加年金の保険料を納めた場合、保険料合計は4,800円で、年間受給額は2,400円ですから回収期間は2年です。10年間加入した場合だと、保険料合計は4万8千円、年間受給額は2万4千円で、やはり2年で保険料を回収できます。

国民年金の場合は、納めた保険料の元を取ろうと思うと10年近く年金を受給しなければなりませんから、わずか5分の1の期間で保険料を回収できる付加年金は、非常にお得な老後資金確保の手段と言えます。

また、付加年金の保険料は、国民年金の保険料と共に全額が所得控除(社会保険料控除)になるので、所得税や住民税を安くできます。節税の観点からも、個人事業主の方は、付加年金に加入しておきたいですね。


個人年金保険メニュー

ページのトップへ戻る