保険レッドカード

初めて医療保険の契約を検討する方に医療保険に加入する意義を解説しています。

トップ >

医療保険に加入する意義

医療保険は、病気やケガなどで医療機関を受診し治療を受けた場合に医療費の一部または全部を保険会社から受け取ることができる保険です。

誰もが健康に生活することを望みますが、不幸にして事故でケガをしたり大病を患うことがあります。その場合、病院で治療を受けなければなりませんが、時に医療費が高額になり経済的負担が大きくなる場合があります。

また、治療期間中は仕事を休まなければなりませんから、その期間の生活費を維持するためにも、医療保険に加入する意義があります。


入院に備えるのが医療保険

医療保険は、病気やケガで医療機関を受診したら、必ず保険金がもらえる保険ではありません。

よく通院日額がいくらと宣伝している医療保険がありますが、風邪やちょっとしたケガで通院する程度では、保険金は支払われません。

通院特約がある場合でも、病気やケガで入院し、その後も通院を必要としなければ通院日額の支払いを受けることができません。通院のみでは保険金を受け取ることはできないので、医療保険に加入する際は、入院を必要とする治療が対象だということをしっかりと理解しておきましょう。

医療保険の仕組み

保障期間を決めることが大事

生命保険と同じように医療保険の場合も、保障期間をいつまでにするかを加入前に決めておくことが大切です。



このように保障期間や払込期間を決めて医療保険に加入した方が、保険料の節約になります。漫然と保険料を払い続けていると高額な支出となるので、医療保険がいつまで必要かをはっきりさせておきましょう。


医療保険メニュー

ページのトップへ戻る